MS前CEOバルマー氏、「カントリークラブ」呼ばわりに反論--「アマゾンでは誰も働きたくない」

Chris Matyszczyk (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年10月26日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 同じ地元のライバル同士が険悪な関係になる可能性はある。

 もしも、自宅の玄関先にライバル(競合企業)がいたら、その名前を聞いただけでイライラするものだ。

 それだけに、Microsoftの前最高経営責任者(CEO)を務めたSteve Ballmer氏がAmazonに対する感情を表に出す気になったというのは興味深い。

 Ballmer氏は米国時間10月23日、Bloombergとのインタビューで、Amazonに恥を思い知らせる絶好の機会が与えられた。同氏は、AmazonのCEOであるJeff Bezos氏が、物議を醸したThe New York Times(NYT)の記事の中でMicrosoftのことを「カントリークラブ」と称したことについて感想を問われた。

 Ballmer氏は、まずは控えめに「Microsoftの文化は非常にしっかりしている」と切り出した。

 同氏は特に、両社がいずれもシアトルを拠点としている事実に触れ、「MicrosoftとAmazonは熾烈なライバル関係にあることを思い出すべきだ」と述べた。しかし、その後は攻撃的な姿勢にヒートアップし、「Amazonは誰もが働きたくない場所だと思う」と述べた。

 同氏のこの発言が、NYTの記事に言及しているのは明白だ。問題の記事には、Amazonの一部の従業員から労働環境を非難する声が上がっていることや、同社の文化について従業員が精神的に追い詰められていく悲惨な状況にあることが示唆されていた(Amazonは先週、この記事の内容を断固として否定した)。

 Ballmer氏の勢いは収まらず、さらに「誰かがMicrosoftからAmazonに転職したとしても、1~2年以内に戻ってくると分かっていた。なぜなら、(Amazonは)エンジニアとして革新的なことに取り組むのに最高の場所とは言えないからだ」と続けた。

 Ballmer氏は、Appleについても質問を受けた。AppleについてBallmer氏は、よくやっていると認めた。ただし、同氏の見解によれば、Appleの唯一のライバルはMicrosoftだという。

 「ハードウェアの分野では、これ以上彼らと真正面から勝負しようという者は他にいない。『Mac』や『iPad』の後に続く製品を本当に手がけているのは誰だろうか」(Ballmer氏)

 同氏は、新しい「Surface Book」について、Macと直接競合する製品ではなく、「新しいカテゴリ」だと評した。


提供:Bloomberg screenshot by Chris Matyszczyk/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加