logo

グーグル、Alphabetとして初の決算報告--第3四半期、増収増益で予測を上回る

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年10月23日 07時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月22日、第3四半期決算(9月30日締め)を株式取引終了後に発表した。新たに設立した持ち株会社Alphabetの傘下に入って初めての決算報告となった

 Googleの純利益は39億6000万ドル(1株あたり5.73ドル)だった。

 非GAAP利益は1株あたり7.35ドルで、売上高は前年同期比13%増の187億ドルだった。

 アナリストらの予測は、売上高185億3000万ドル、1株あたり利益7.21ドルだった。

 同四半期のトラフィック獲得コストは合計35億6600万ドルだった。

 GoogleとAlphabetの両社で最高財務責任者(CFO)を務めるRuth Porat氏は、業績が予測を上回った要因としてモバイル検索を挙げ、6つのGoogle製品が現在、世界中で10億人を超えるユーザーによって利用されていると述べた。

 第3四半期の間に、総広告売上高だけで167億8000万ドルを達成した。Googleのその他の部門における売上高は18億8400万ドルだった。

 Googleは8月、抜本的な組織再編と経営陣刷新を発表し、シリコンバレーからウォール街にいたるまでのすべての人々を驚かせた。

 カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置く同社は、新しい公開持ち株会社企業Alphabetの設立計画を米証券取引委員会(SEC)に申請した。

-PR-企画特集