日本HP、ワークスタイルの変化に対応する法人向けPCやビデオ会議システム

エースラッシュ2015年10月19日 15時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本HPは10月15日、法人向けにノートPC/デスクトップPC/ビデオ会議システム/シンクライアント/ワークステーションの新製品を発表。オンラインストア「HP Directplus」、HP Directplusコールセンター、同社直販営業および販売代理店、HP Directpartner経由で順次販売を開始した。

 今回の新製品は、近年加速するワークスタイルの変化に対応し、高い信頼性と生産性を提供するためのもの。

 まずノートPCは、薄型軽量のタフネスボディーにBang&OlufsenのチューニングによるスピーカやWindows 10 Proを搭載した「HP EliteBook Folio 1020 Bang & Olufsen Limited Edition」、10.1インチの2in1タブレット「HP x2 210 G2」、そしてCPU性能の強化やWindows 10対応を行った「HP EliteBook 725 G3 Notebook PC」と「HP ProBook 430/450/455/470 G3 Notebook PC」をラインアップ。

 販売開始日はHP x2 210 G2が11月中旬で、その他の製品は11月下旬になる見込みだ。

  • 「HP EliteBook Folio 1020 Bang & Olufsen Limited Edition」

  • 「HP x2 210 G2」

  • 「HP EliteBook 725 G3 Notebook PC」

  • 「HP ProBook 430/450/455/470 G3 Notebook PC」

 デスクトップPCについては、低消費電力かつコンパクトな「HP EliteDesk 800 G2 DM」をはじめとするハイエンドモデル「HP Eliteシリーズ」計4製品に加え、継続的な導入をサポートするスタンダードモデル「HP Proシリーズ」計2製品をラインアップ。第6世代のインテル Coreプロセッサーや全モデルでのWindows 10の対応、DDR4メモリ、USB TypeCポートなどの採用でパフォーマンスと利便性の向上を図っている。

 販売開始日は、「HP ProDesk 600 G2 SF」が10月20日、「HP EliteDesk 705 G2 MT」と「HP ProOne 600 G2 All-in-One」が10月26日で、その他の機種は10月16日だ。

 同社ではこのほか、ビデオ会議システム「HP Chromebox for Meeting」を10月下旬に、シンクライアント「HP mt42 Mobile Thin Client」を10月15日に、ワークステーション「HP Z240 Workstation」と「HP Z240SFF Workstation」を12月上旬に販売開始する。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加