アップル「iPhone 6s Plus」レビュー--「iPhone 6s」にない機能と「大きい」ことの長短所 - (page 3)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年10月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 6sで撮影:

 iPhone 6s Plusで撮影:

 違いは一目瞭然だ。このような環境でズームを最大にすれば、どんなスマートフォンでもきれいには撮れない。だが、iPhone 6s Plusはこの逆境をうまく処理し、ぶれの少ない画像を撮影できた。難しい状況で役立つ機能だ。大きな写真を拡大すると、こうした細部が目立ってくる。

 iPhone 6s Plusでは、光学手ぶれ補正が動画撮影にも対応した。こちらの方がもっと重要になるかもしれない。ぶれは確かに軽減される。米CNETのオフィスの外をiPhone 6sとiPhone 6s Plusで簡単に撮影した動画をリンク先に公開している。見比べてみてほしい。

 子どもの動画を撮影するときに、この機能は必要だろうか。じっとしている場合は必要ないだろう。日常の多くの場面で不要だ。しかし、プロ仕様の高画質動画を撮影しようとしているのなら、極めて重要だと言える。

 米CNETのAndrew Hoyle記者がiPhone 6s Plusで撮影した写真を見てほしい。自撮り写真、暗所や屋外で撮影した写真の例が多数掲載されており、カメラの性能がよくわかる。

iPhone 6s Plusの背面カメラで撮影した落ち葉。
iPhone 6s Plusの背面カメラで撮影した落ち葉。
提供:Andrew Hoyle/CNET

バッテリ持続時間:iPhone 6sより優秀

 iPhone 6sにiPhone 6s Plusのバッテリを搭載してほしい。

 普通に1日使用した場合、iPhone 6s Plusの充電は十分に持ったので、慌てることはなかった。丸1日持続する体験だ。iPhone 6sの場合は、1日が終わりに近づくころ、節電か充電を考えなければならないだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]