logo

新「Apple TV」の機能強化--Siriとアプリストアに対応したアップル製STBの第一印象 - (page 3)

David Katzmaier Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2015年09月18日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚みは増したが、ハードウェアは充実

 デバイス本体は、黒い「パック型」の旧モデルと同じく地味なデザインで、厚さ以外はサイズも変わらない。新型は0.4インチ(約12mm)厚くなり、重量が5.4オンス(約153g)増えた。

 背面の接続ポートも見かけはあまり変わっていない。1080pの解像度に対応するHDMI出力はあるが、4K動画はサポートしないようだ。

 このほか、USB-Cポート(サービス専用とされている)と有線イーサネットポートもある。現行モデルと異なり、新型には光デジタルオーディオ出力がない。これは、HDMIに対応していない旧式のオーディオシステムを使っているユーザーには残念だろう。

 新しいApple TVには同社のデュアルコアチップ「A8」が搭載される。「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」で初めて搭載されたチップで、現行Apple TVに使われている「A5」プロセッサよりはるかに強力だ。チップの高性能化と、ストレージの増量(現行モデルの容量はわずか8GB)は、アプリ重視への方向転換において重要だったのだろう。

新しいApple TVは802.11ac Wi-Fiにも対応する。
新しいApple TVは802.11ac Wi-Fiにも対応する。
提供:James Martin / CNET

新Apple TVに触れて

 米CNETのScott Stein記者が、サンフランシスコで開催のイベントの直後に、デモルームで新型Apple TVを体験できた。Stein記者の印象を紹介しよう。

 新型Apple TVは、AmazonのFire TVや「Android TV」を使ったことがある人には、なじみ深いと感じられるはずだ。Siriの音声検索も、GoogleやAmazonがすでに採用している機能を思わせる。ジャンルや時代での検索はかなりうまくいく。たとえば、「Show me romantic comedies from the 70s」(70年代のロマンチックコメディが見たい)のように検索できる。新しいリモコンは大きな進化だ。ボタンが増え、ナビゲーション用の上部タッチパッドは快適で、加速度計とジャイロスコープはゲームで簡単なモーションに対応する。「Asphalt 8」をプレイしてみたところ、ゲーム中の操作感も、アプリとメニューのスクロールやクリック移動も上々だった。

 すべてはインターフェースだ。今回のモデルで特筆すべき最も重要な点は、新しいリモコンとその機能にある。つくづく感心するというほどではなかったが、機能は申し分ない。驚くようなデザインではないものの、工夫が感じられる設計だ。

 Apple TVの新しいアプリに関する評価は、どれだけ多くのアプリが出てくるかによって決まる。ゲームについては、コントローラのサポートがどうなるか、新しいコントローラがApple TVやtvOSとどう連携するかによって変わってくるだろう。だが、操作感とインターフェースは歓迎すべきアップグレードと感じられる。衝撃のアップグレードとは言わないが、うれしいアップグレードだ。

Apple TVのリモコンには、モーションコントロールが内蔵される。
Apple TVのリモコンには、モーションコントロールが内蔵される。
提供:James Martin / CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]