新「Apple TV」の機能強化--Siriとアプリストアに対応したアップル製STBの第一印象

David Katzmaier Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2015年09月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長年うわさされてきたストリーミングビデオボックス「Apple TV」の新型が、ようやく登場した。

 新Apple TVは米国時間9月9日、Appleがサンフランシスコで開催したイベントにおいて、大画面になった「iPad」や新しい「iPhone」とともに発表された。名称はApple TVのままだが、2012年に登場した現行モデルから全面的に刷新されている。「テレビの未来はアプリにあると確信している」。Appleの最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は、こう語りながら新型Apple TVを紹介した。

 新しいApple TVは、149ドルの32Gバイトモデルと199ドルの64Gバイトモデルの2バージョンが用意され、いずれも米国をはじめとする複数の国で10月から出荷開始の予定だ。現行モデルは69ドルで販売が継続される。

 新モデルには、現行モデルのすべてのアプリと機能のほかに、待ち望まれていた機能強化がいくつか追加された。本格的なアプリストア、Appleの音声認識システム「Siri」との統合による検索と操作、タッチパッド搭載の新しいリモコンなどだ。

Appleの新しいApple TV。アプリストアとSiriを使った音声検索に対応する。
Appleの新しいApple TV。アプリストアとSiriを使った音声検索に対応する。
提供:James Martin / CNET

アプリとゲームに対応

 最も重要な変化は、おそらく本格的なアプリストアの導入だろう。Apple(やGoogle、Microsoftなど)が現在、コンピュータ、スマートフォン、タブレット向けに提供しているストアと同様のものだ。

 現在のApple TVにも多くのアプリが用意されているが、これはAppleが自動的に追加している。新モデルには専用のアプリストアがあり、アプリの追加も削除もユーザーが自由に行える。Appleは「ユニバーサルアプリ」が登場する可能性があるとも述べているため、1つのアプリを購入すればiPad、iPhone、Apple TVのどれからでも利用できるようになるかもしれない。

 新Apple TVには「tvOS」というOSが搭載され、開発者向けツールはApple製モバイルデバイス向けの既存ツールと同様のものになるという。

 同社は壇上のデモで、オンラインショッピングサイトの「Gilt」や、一新された「MLB.com」アプリ、「Zillow」「AirBNB」「PlayKids」など、複数のアプリを紹介した。またゲームも、「Guitar Hero」「Disney Infinity」「Crossy Road」「ShadowMatic」など数々のタイトルが披露された。

 もちろん、「Netflix」「HBO Go」「HBO Now」「Showtime」「Hulu」といった通常のテレビ用アプリも搭載されるが、インターフェースが新しくなっている。当然ながら、「iTunes Store」で購入した映画やテレビ番組、音楽にアクセスできるセットトップボックスはApple TVだけだ。

Apple TVでのDisney Infinity
Apple TVでのDisney Infinity
提供:James Martin / CNET
  • このエントリーをはてなブックマークに追加