logo

Windows 10に「当面アップグレードしない」が4割--ジャストシステム調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは8月20日、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して実施した、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年7月度)」の結果を発表した。調査期間は、7月30日~8月4日。調査対象は、全国の15歳から69歳の男女1100人(5歳ごとに、男女50人ずつ割り付けて回収)。

 Windowsの新OSとなる「Windows 10」のリリース(7月29日)数日後に、Windowsユーザーに状況を聞いたところ、「Windows 10にアップグレードした」と回答した人は3.8%、「アップグレードする予定」の人は21.1%だった。最も多かったのは「興味はあるが、当面はアップグレードしない」で39%、「Windows 10にはアップグレードしない」(17.1%)まで含めると、現時点でアップデートする予定がない人は56.1%だった。


 これまでに利用したことのあるネット通販サイトのトップ3は、1位が78.8%の「Amazon」、2位が76.8%の「楽天」、3位が50.5%の「Yahoo!ショッピング」になった。このうち、最も利用頻度が高いサイトは、48%で「楽天」がトップ、47.2%の「Amazon」が続いた。

 展示会や商業施設内などの特定エリアや店舗に近づくことで、その来店者のスマートフォンに対して、店舗・商品の情報を提供したり、クーポン・ポイントを発行したりする「Beacon(ビーコン)」の利用率は3.6%で、認知率は18.4%だった。Beacon利用経験者による評価は、「自分のよく行く店舗にも導入してほしい」(77.5%)、「店舗の利用促進につながると思う」(72.5%)、「便利だと思う」(70%)という結果になった(いずれも「あてはまる」「ややあてはまる」の合計)。

 「SIMフリー端末」について、すでに「所有している」人は9.1%、所有していないが「その言葉は知っており、他の人に詳しく説明できる」人は16.8%、「言葉は知っているが、それほど説明はできない」人は24.3%、「格安スマホと区別がつかない」人は5.6%、「言葉は知っているが、よくわからない」人は20.3%だった。SIMフリー端末を保有していない回答者に興味の程度を聞くと、「使ってみたい」人は9.1%、「興味がある」人は38.8%、「興味はない」人は35.4%という結果だった。

-PR-企画特集