logo

ヤフーとソニー、不動産事業で提携--中古住宅の個人売り出し可能に

加納恵 (編集部)2015年07月07日 10時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーとソニー不動産は7月2日、資本、業務提携を結んだと発表した。日本国内の中古住宅流通市場とリフォーム、リノベーション市場の活性化を目指す。今回の業務提携契約の締結に伴い、Yahoo!JAPANとソニーは、ソニー不動産の第三者割当増資を引き受け、Yahoo! JAPANは18億円を出資、ソニーは約10億円の追加出資を行う。

 Yahoo! JAPANとソニー不動産は、今回の資本、業務提携により、不動産情報サイト「Yahoo!不動産」と、ソニー不動産の売買仲介やプロパティマネジメントなどの総合不動産サービスを連携する。

 最初の取り組みとして、不動産所有者が主体となって自身のマンションを自由に売り出すことができる、不動産売買プラットフォームを共同で開発。2015年中に公開する。これにより不動所有者は、自分のマンションを、自分が決めた価格で、自分で売り出す、ことができるようになる。

 7月7日に新規不動産売買プラットフォームの事前告知サイトをオープンし、7月中にソニーとYahoo! JAPANによる出資を完了。2015年中に新規動産売買プラットフォームのオープンを予定する。

 ソニーによる追加出資とYahoo! JAPANからの出資により、ソニー不動産への出資比率は、ソニーが約56.3%、Yahoo! JAPANが43.7%になる。

-PR-企画特集