「女性の声」社会に発信--CA傘下のSTRIDE、クラウドソーシング会員基盤の調査機関

井指啓吾 (編集部)2015年07月03日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントの子会社で、女性向けクラウドソーシングサービス「Woman&Crowd」を運営するSTRIDEは7月3日、同サービスの女性会員(仕事の受注者)である約14万人をリサーチ対象とする調査機関「Woman&Research」を設立したと発表した。

  • STRIDE代表取締役社長の石田裕子氏

 当初は社内でテーマを選定し、その意識/実態調査の結果を公開していく。第1弾として、夫がボーナスの受給を予定している既婚女性500人を対象とした「主婦業における給与・ボーナスに関する意識調査」を実施。結果をウェブサイトで公開している。外部からの調査依頼を今後受けることも検討しているという。

 STRIDE代表取締役社長の石田裕子氏は、「女性のキャリア形成は、結婚や出産などライフステージの変化の影響を受けやすい。皆さまの声を集めて世の中に発信していくことで、女性がさまざまなステージで活き活きと闊歩(STRIDE)できる社会の実現を追求していきたい」とコメントした。

 Woman&Crowdは、18歳以上の女性を対象としたクラウドソーシングサービス。会員数は2015年6月時点で14万人。同9月末までに20万人を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加