logo

15インチ「MacBook Pro」レビュー--「Force Touch」トラックパッド搭載の2015年モデル

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2015年06月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「MacBook Air」シリーズと「MacBook Pro」シリーズのデザインや使用感は、ここ数世代、全くと言っていいほど変わっていない。毎年、多少の変更やアップデートはあるが、主に内部コンポーネントに限定されており、ハードドライブの性能強化やWi-Fiの高速化、新型プロセッサの搭載が行われる程度だ。MacBook AirやMacBook Proが今でも現代的に見えるのは、最初に発売されたときのデザインが時代のはるか先を行っていたからに他ならない。

 2015年には、ほぼすべてのMacBookに何らかのアップデートがあったが、その多くは、注意深く観察しなければ見逃してしまう程度のものだ。MacBook Airと13インチMacBook ProはいずれもIntelの第5世代「Core i」シリーズプロセッサ(「Broadwell」という開発コード名でも知られる)に移行し、13インチMacBook Proには、Appleの新しい「Force Touch」トラックパッドも追加された。

 このクリック機構のないトラックパッド(従来のヒンジの代わりに4つのセンサと触覚フィードバックを利用)は、新しい12インチ「MacBook」の目玉機能の1つだった。12インチMacBookは重量約2ポンド(約0.92kg)の省電力ウルトラポータブルで、Appleが近年発表した唯一の新ノートブックデザインだ。

figure_2
提供:Sarah Tew/CNET

 先ほど挙げたさまざまな変更点や、完全な新シリーズである12インチMacBookと比べると、15インチMacBook Proはアップデートという点で軽んじられているようにも思える。15インチMacBook ProはForce Touchトラックパッド、より高速なフラッシュストレージを搭載するほか、「AMD Radeon R9 M370X」GPUの採用によって、グラフィックスが強化された。しかし、最も重要と思われるコンポーネントアップグレードが欠けている。搭載されている「Core i7」CPUは、2014年モデルと同じものだ(Intelの第5世代Core i7チップを搭載する機種は、最近になって登場し始めたばかりだ)。

 大きな変更はないが、15インチMacBook Proは今もAppleのノートブックで最もサイズが大きく、最も強力なモデルであり、さまざまな用途に適した素晴らしい生産性マシンだ。写真や動画の編集のために強力なGPU性能が必要なユーザーや、15インチ「Retina display」の余裕のあるスクリーンスペースが必要なユーザーの目には、特に魅力的に映るだろう。

 価格は据え置かれており、ベースモデルが1999ドルで、より大容量の512GバイトハードドライブとAMDグラフィックスを搭載する上位モデルが2499ドルだ(米CNETがテストに使用したのは上位モデル)。これはかなりの額の投資となる。13インチMacBook Proの価格がわずか1299ドルからであることを考えると、なおさら価格の高さが際立つ。15インチMacBook Proのサイズや性能、機能を特に必要としているのでなければ、米CNETは現状では、最も幅広い用途に有用なオールラウンドMacBookとして、13インチモデルをおすすめする。

Apple MacBook Pro(15インチ、2015年)

レビュー時の価格2499ドル
ディスプレイサイズ/解像度15.4インチ、2880×1800のRetina display
PC CPU2.5GHzのIntel Core i7-4870HQ
PCメモリ16Gバイト、1600MHzのDDR3 SDRAM
グラフィックスAMD Radeon R9 M370X
ストレージ512Gバイトのフラッシュストレージ
通信機能802.11acワイヤレス、Bluetooth 4.0
OSApple OS X Yosemite 10.10.3

-PR-企画特集