logo

「Android Wear」の普及に必要なもの--グーグル開発者会議「Google I/O」を前に考える

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年05月25日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android Wear」搭載デバイスの登場から約1年になるが、それらのスマートウォッチはほとんど記憶に残っていない。今はどういう状況なのだろうか。数種類程度のAndroid Wear搭載スマートウォッチが販売されており、多くのアプリが提供されているが、実際に購入に興味がありそうな人は少ない。

figure_1
提供:Sarah Tew/CNET

 Googleの年次開発者会議Google I/Oはサンフランシスコで米国時間5月28日に開幕する。正式なイベント内容はほとんど明かされていないが、Android Wearに関するプレゼンテーションも予定されているとみていいだろう。そう願いたいものだ。GoogleのウェアラブルOSには将来性があるが、競争力を付けたいのなら、さまざまなことを次の段階に進める必要がある。

 「Apple Watch」(これも長短両面が複雑に存在するデバイスだ)が登場した今、Googleはスマートウォッチに関して、次はどこに進むのだろうか。Android Wearは2年目にすべてを次の段階に押し上げることができるだろうか。筆者はこれまでに登場したAndroid Wear搭載スマートウォッチのほぼすべてを使ったことがある。Googleが今後ウェアラブル戦略に関してなすべきことについて、筆者の考えを述べる。

Huawei Watchは新しい「高級志向の波」に乗って登場したAndroid Wear搭載スマートウォッチの1つだ。
Huawei Watchは新しい「高級志向の波」に乗って登場したAndroid Wear搭載スマートウォッチの1つだ。
提供:Sarah Tew/CNET

高級製品よりも低価格デバイスを

 筆者は高級スマートウォッチというトレンドに気づいた。価格が引き上げられるのは気に入らない。「LG Watch Urbane」の350ドルが最新の開始価格だ。2014年、Android Wear搭載スマートウォッチの最低価格は200ドルだった。サファイアクリスタルディスプレイを搭載する価格未定の「Huawei Watch」や、おかしな名前の「TAG Heuer」スマートウォッチ(価格は1400ドル)によって、高価格化がさらに進むだろう。

 Apple Watchも高すぎる。筆者は399ドル以上のモデルを買うつもりはないが、それでも高い。Googleは「Android」と同様に、広く普及する低価格という戦略をとるべきだ。99ドルのAndroid Wear搭載スマートウォッチの登場を期待したい。

「iOS」への対応

 Apple Watchが「iPhone」としか連携しないように、Android Wear搭載スマートウォッチも現在のところ、Androidスマートフォンにしか対応していない。しかし、iPhoneでのAndroid Wearサポートが近い将来、実現するかもしれない。Android WearスマートウォッチがiPhoneとどの程度まで連携するのかは不明だが、多少なりとも連携するのなら(Appleがそれを認めればの話だが)、うれしいニュースだ。通知、願わくばフィットネストラッキング、あるいは「Google Now」音声命令、さらにはWear互換アプリが利用できれば、出だしとしては十分だろう。スマートウォッチは可能な限り多くのスマートフォン上で動作するべきだ。

スマートウォッチが単独で機能できるように

 Android Wearの最新バージョンはWi-Fiをサポートするが、それは皆さんが考えているようなものではない。基本的に、スマートウォッチ自体は今もスマートフォンにアクセスするための「ダム端末」で、スマートフォンがインターネットへの橋渡し役だ。スマートウォッチとスマートフォンは、同じ部屋でBluetoothを通して接続できるだけでなく、別々の場所にあっても接続できる。しかし、やはりスマートフォンは電源がオンの状態で、セルラーデータかWi-Fiデータに接続している必要があり、スマートウォッチもユーザーがあらかじめセットアップした認識済みのWi-Fiネットワークに接続している必要がある。

 これらのスマートウォッチがスマートフォンを必要とせず、Wi-Fi経由で直接ウェブと通信できるようになってほしい。スマートウォッチに既にその機能があると思い込んでいる人も多いが、実際はそうではない。しかし、スマートウォッチが欠かせないもの、あるいは便利なものと感じられるようになるには、その機能を搭載する必要がある。筆者は普段、スマートフォンを持ち歩いているが、スマートウォッチがその代わりを十分に務められるようになってほしい。

-PR-企画特集