logo

「Surface 3」レビュー--完全版「Windows 8」搭載となった新MS製タブレット - (page 3)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2015年05月13日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歴代のSurfaceと同様、オプションのキーボードカバーは欲しくなるだろう。バックライト付きの大きなキーがごく薄いカバーに収納され、磁石式ヒンジで本体に接続される仕組みは、Surface製品ラインのエンジニアリングにおける最も巧みな点だ。残念ながら、従来モデルと同様にこの追加キーボードは高額で、129ドルもする(ただし、カラーバリエーションは豊富だ)。しかも、Surface 3は旧モデルとサイズが異なるため、専用の新しいキーボードカバーが必要になる。おもしろいことに、従来モデルのSurface Proに使っていたキーボードカバーはすべて、Surface 3に取り付けて使用することができた。ただ、画面のサイズと合わないだけだ。

figure_4
提供:Sarah Tew/CNET

 Pro 3バージョンと同じく、Surface 3用の新しいキーボードカバーにも2つ目のヒンジがある。これは実際のところ、上端の近くにある1本のラインで、そこで折り曲げると背面が持ち上げられ、磁石を介して本体にくっつけることができ、さらに自然なタイピング角度になる。使いやすさを考慮した改良点ではあるが、打鍵のときの音は大きくなってしまう。

 タイプカバーに組み込まれている小さなタッチパッドは、依然として感度が十分でなく、マルチタスク処理に高速で対応できるほどの感度でタップを認識するわけでもない。また、表面積が小さすぎるため、画面の隅から隅まで移動するのは容易ではない。おそらく、タッチスクリーン、キーボードストローク、タッチパッドを組み合わせた簡単な回避策を使うことになるだろう。

figure_5
提供:Sarah Tew/CNET

 タッチスクリーンのネイティブ解像度は1920×1280と、このクラスの10.8インチディスプレイとしては十分以上だ。12.5インチスクリーンのPro 3は解像度が2160×1440で、どちらもアスペクト比は3:2であるため、縦向きで使うときはメモ帳に書いているように感じられる(別売りのスタイラスペンは49ドル)。

ポートと接続

ビデオMini DisplayPort
音声3.5mmステレオヘッドホンジャック
データUSB 3.0、microSDスロット、Micro-USB各1基
ネットワーク機能802.11acワイヤレス、Bluetooth 4.0

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]