logo

ウェブマーケの課題を無料相談できるQ&Aサイト--イノーバ、Sansanなどが回答

井指啓吾 (編集部)2015年04月23日 15時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガイアックスは4月22日、BtoBのインバウンドマーケティング支援事業の一環で、無料でウェブマーケティングの専門家に相談できるQ&Aサイト「QLINK(キューリンク)」を開設した。1年間で累計1万件のQ&A、2015年中に回答側の企業200社の参画を見込む。

  • 「QLINK」トップページ

 コンテンツマーケティング支援のイノーバ、クラウド名刺管理サービスのSansanなど50社100人のウェブマーケティングの専門家が、売り上げや問い合わせの増加を目的とする企業からの相談に無料で回答する。回答側のノウハウや評価は可視化されており、相談者は、各社の得意カテゴリや実績、質問への回答、評価を確認した上で、理想的だと思う企業へ個別に相談できる。

 同社によれば、ウェブマーケティングは手法の高度化と細分化によって、各企業内の体制だけで対応することが難しくなっている。社外の専門家に相談する場合にも、多数のウェブマーケティング支援企業が存在するため、相談先の選定が困難な状況だという。また、ウェブマーケティングは新しい分野のため社内での理解が乏しく、社外へのコンサルティング依頼やツール導入時の稟議が通しづらいという問題もあるため、思うような施策を打てない企業が多いそうだ。

 ガイアックスはQLINKをBtoBビジネスのプラットフォームとして成長させ、出展料や広告掲載料などで収益化を図りたい考え。1年~1年半で単月黒字化を達成するのが目標という。

 同様の仕組みで展開する法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」は、月間サイト訪問者数が700万人、会員登録弁護士数が8000人にのぼる。ガイアックスでは、インターネットで気軽に専門家に相談できるサービスは企業間取引においてもニーズが高いとみている。

-PR-企画特集