logo

「Apple Watch」は「より人間らしい」交流を取り戻す助けになるか

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年04月03日 09時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Apple Watch」の発売が近づき、その課題は商業的基準や文化的基準といったものをはるかに超えて、より人間らしい交流が可能なユーザーインターフェースを構築することとなっている。

 それは難しい課題であり、その文化的な変化は、そもそもなぜスマートウォッチが必要なのかという実用的な疑問よりも大きいかもしれない。

 WiredはApple Watchの開発について、Appleの従業員らが「容赦ないビープ音」にうんざりしていることを主なテーマとして説明している。「容赦ないビープ音」とは、通知、テキストメッセージ、カレンダー招待のことだ。

 次のような状況を思い浮かべてほしい。

  • 人々はスマートフォンを見ながら歩道を歩いている(そして、大都市ではバスにひかれそうになる)。
  • 夕食時、誰もが画面しか見ていない。
  • 家族の時間が実質的に、4人が同じ部屋で自分のスマートフォンを見る時間となっている。
  • 実際に会って過ごす時間が、Facebook用に自撮り写真を撮影する時間になっている。

 Wiredの物語の中では、「もう少し人間らしい」方法で「iPhone」レベルのやり取りができる製品を同社は提供したいという、Apple幹部Kevin Lynch氏の発言が引用されている。

 Apple Watch(そして、おそらくはその他のスマートウォッチ)の背景にある概念は、テキストをちらっと確認し、重要でなければそのまま家族との時間を続けることができるというものだ。

 Appleのその立派な目標には、次の問題がある。つまり、スマートウォッチを利用するにはスマートフォンが必要だということだ。スマートフォンはサーバのような役割を果たす。したがってここに収束はなく、人々は、より人間らしく交流するため、今度は2つの機器を携帯することになる。スマートフォンもスマートウォッチも使用しない方がおそらく、より人間らしく交流するための最良の方法であることは明白なように思われる。

 もう1つの課題は、Apple Watchが、ほとんどの米国人が自覚していない問題を解決しようとしているということである。Pew Researchによると、米国成人におけるスマートフォン所有者の割合は、2011年の35%から増加して64%であるという。そのうちの46%は、スマートフォンなしでは生きていけないと言っている。常に必要というわけではないと言うのは54%だ。


 Apple Watchは、スマートフォンは常に必要ではないと思っている54%と、iPhoneを手放すことはまずあり得ない46%のどちらを対象としているのだろうか。

 人間らしさは、Apple Watchについて考える場合の興味深い観点だが、この製品が長期的にどれだけ成功するかは誰にもよくわからないという現実を突きつけるものでもある。Fordの最高経営責任者(CEO)を務めるMark Fields氏は今週、Apple Watchの展望についてどう思うかと記者らに尋ねた。嫌味な意見がいくつかあった一方で、好意的な意見もいくつかあった。Fields氏は、「そうだ、私にも分からない」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集