logo

サイバー傘下のCCPR、「AmeTuber推進室」を設立--タレント出演動画など制作へ

井指啓吾 (編集部)2015年03月09日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェント傘下のCyberCasting&PR(CCPR)は3月9日、国内最大級の動画キャスティングネットワークの構築を目指し、専門部署「AmeTuber推進室」を3月1日に設立したと発表した。芸能人出演動画の制作や「アメーバブログ」と連動させた独自プロモーション施策を実施する。

 CCPRは、約1万7000組の「Ameba芸能人・有名人ブログ」を活用した企業商品/サービスのプロモーションのタレント側公式窓口として、芸能事務所各社と連携し、運用全般を手掛けている。また、そこで培った芸能事務所とのリレーションを活かし、イベントや企業広告への出演/広告契約などの各種キャスティング業務にも取り組んでいる。

 AmeTuber推進室では、芸能事務所や既存著名YouTuberとのリレーション、インターネット上で影響力の強い読者モデル/専門家/一般人のネットワークを軸に、動画キャスティングネットワークの構築を目指す。

 CCPRによれば、すでにアメーバブログの公式ブロガーと連動したメイク動画やゲーム実況動画、料理動画などの企画/制作や、アメーバブログとYouTubeを連動させた施策を開始している。また、動画の制作機能を同社内に整備しているほか、「Ameba」のスマートフォン向けアプリの動画投稿機能を活用した、ブログ記事内の動画を絡めた取り組みを予定しているという。

-PR-企画特集