logo

感情認識や表現、教育への活用も--多様なソーシャルロボットを写真で見る

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2015年02月27日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kismet

 「Kismet」は、1990年代にマサチューセッツ工科大学(MIT)のCynthia Breazeal氏によって開発されたもので、世界初のソーシャルロボットだと考えられている。そのロボットらしい頭部は、さまざまな表情と顔の動きによって、感情表現をシミュレートしている。
Scroll Right Scroll Left

Kismet

 「Kismet」は、1990年代にマサチューセッツ工科大学(MIT)のCynthia Breazeal氏によって開発されたもので、世界初のソーシャルロボットだと考えられている。そのロボットらしい頭部は、さまざまな表情と顔の動きによって、感情表現をシミュレートしている。

提供:MIT

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]