logo

感情認識や表現、教育への活用も--多様なソーシャルロボットを写真で見る - 2/9

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2015年02月27日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Leonardo

 レオナルド・ダビンチにちなんで名付けられたこの小さなロボットは、アニマトロニクスを手掛けるStan Winston StudioとMITのパーソナルロボット研究グループが協力して作ったものだ。このロボットは、人間とロボットのあいだのインタラクションと共同作業について理解するために作られたもので、2002年に完成した。製作責任者はCynthia Breazeal氏だ。
Scroll Right Scroll Left

Leonardo

 レオナルド・ダビンチにちなんで名付けられたこの小さなロボットは、アニマトロニクスを手掛けるStan Winston StudioとMITのパーソナルロボット研究グループが協力して作ったものだ。このロボットは、人間とロボットのあいだのインタラクションと共同作業について理解するために作られたもので、2002年に完成した。製作責任者はCynthia Breazeal氏だ。

提供:MIT

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]