マイクロソフトの逆襲なるか?生き残りをかけた挑戦(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月末、MicrosoftはAndroidタブレット向けOfficeの正式版をリリースした。2014年に新CEOサティア・ナデラ氏の就任とともに“Mobile-first,Cloud-first”戦略を打ち出した同社では、ソフトウェアの無償提供により、短期的な利益よりも市場シェアの拡大を優先している。

米国で注目を集めた格安Windowsタブレット

”IDC Worldwide Quarterly Tablet Tracker”を基に作成
”IDC Worldwide Quarterly Tablet Tracker”を基に作成

 米国では、感謝祭の翌日のブラックフライデーから始まるクリスマス商戦で、2014年は100ドル以下のタブレットがいくつも発売された。Amazonでは6インチのFire HDが99ドルで、AndroidならASUSやAcerなども99ドル製品を発売し、中には80ドルを切る機種もあった。

 注目を集めたのは、HPや東芝が99.99ドルで発売したWindows 8.1 with Bing搭載の7インチのタブレットだ。ともに「インテル入ってる」タブレットである。限定期間中、HPより仕様が劣る東芝品は79ドルで売られていた。中国のE-Funもウォルマートで8インチ版を99.99ドルで売り出し、ブラックフライデーの午前中に、多くの店舗で売り切れた。

 これらのWindows 8.1には、Microsoft Office 365 Personalが1年間、無料で利用できるという特典付きである。これだけでも70ドルの価値があり、ネットでも話題になっていた。

 かくいう私もHP Stream 7を99.99ドルで購入した(ハードはASUS同等品よりずっと頑丈)。12月に1カ月近く海外を旅行するのにノートPCを持参するのを躊躇していた。毎月、コラムの原稿を数本書かなければならないのだが、ノートPCを持っていかなくて済むよう12月はコラムを休ませてもらおうかと思案していた。

 観光中も持ち歩きできるよう7インチのタブレットしか買うつもりはなかったのだが、7インチでWord(完全版)で原稿が無理なく書けるのか不安だった。が、別途購入したキーボードなしでも無理なく入力できた。こうして12月は7インチのタブレットで4本の原稿を書いた。本や論文の執筆はキツイが、数ページのレポートなら問題なく書ける。

 Windowsはアプリが少ない点がAndroidに劣るが(その他、BingやOneDrive、SkypeなどMicrosoft製品の使用を強要されるのもツライ)、Windows環境に慣れた身としてはタブレットでデスクトップモードが使えるのは大きな魅力であり(超小型Windows PCとして機能)、さらに日本語入力はWindowsの方が断然しやすいのである。

市場シェアの拡大を優先

 ポストPC時代の到来で、ビジネスモデルの大きな転換を強いられているMicrosoftだが、タブレット(ノートPCとしても使える2in1を含む)の世界市場シェアで大きな遅れをとっており、IDCの推定では2014年、Androidの67.7%、iOSの27.5%に対し、Windowsはわずか4.6%である。

 ただし、2014年の出荷数の伸びでは、Windowsタブレット(67%)がAndroid(16%)やiOS(-13%)を大きく上回っており、IDCでは2018年までにWindowsのタブレットが4.6%から11.4%に上昇すると予想している。

MarketRealist.com
MarketRealist.com
有元美津世(ありもと みつよ)
大学卒業後、日米企業勤務を経て渡米。MBA取得後、独立。16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。現在は投資家。在米26年。
著書に『英文履歴書の書き方Ver.3.0』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』(ジャパンタイムズ)、『図解米国のソーシャルメディア・ビジネスのしくみ』(あさ出版)、『英語でもっとSNS! どんどん書き込む英語表現』(語研)、『英語でTwitter!』『プレゼンの英語』『面接の 英語』(ジャパンタイムズ)
英文履歴書の書き方Ver.3.0
米国ンソーシャルメディア・ビジネスのしくみ
英語でもっとSNS!どんどん書き込む英語表現
英語でソーシャルメディア!
Twitter

@getglobal(日本語) @TweetinEng(英語)

Google+ Page
・有元美津世  http://plusya.com/ArimotoMitsuyo(日本語)
・英語でソーシャル!  http://goo.gl/Zu0T6
Facebook Page
・有元美津世 http://facebook.com/Arimoto.Mitsuyo(日本語)
・英語でSNS http://facebook.com/EnglishforSocialMedia(英語)
Pinterest
http://pinterest.com/getglobal/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加