2014年の優れた3Dプリンタ作品--医療から音楽まで - 8/10

Michael Franco (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車

 2014年は、世界初の3Dプリンタ製自動車のデザインコンテストが開催された年だった。このコンテストの開催企業であるLocal Motorsは、最優秀賞に輝いたイタリアのMichele Anoéさんがデザインした自動車を製造した。その自動車自体は9月にシカゴで開催されたInternational Manufacturing Technology Showで披露された。Local Motorsは現在、この自動車に関心のある人の登録を同社ウェブサイト上で受け付けている。登録者には、大量生産の準備が整ったときに通知が届くことになっている。

 確かにクールな自動車だが、本カテゴリの勝者はこれとは別の車、「Bloodhound SSC」にしなければならなかった。3Dプリンタ製の部品だけで作られているわけではないが、3Dプリンタ製パーツをかなり搭載している。外観が最高にクールだ。それに、ジェットエンジンとロケットを搭載しており、最高時速1000マイル(約1600km)で走行できる。

関連記事:時速1600km目指す超音速ロケット車--3Dプリントなど最新技術が使われた内部を見る
Scroll Right Scroll Left

自動車

 2014年は、世界初の3Dプリンタ製自動車のデザインコンテストが開催された年だった。このコンテストの開催企業であるLocal Motorsは、最優秀賞に輝いたイタリアのMichele Anoéさんがデザインした自動車を製造した。その自動車自体は9月にシカゴで開催されたInternational Manufacturing Technology Showで披露された。Local Motorsは現在、この自動車に関心のある人の登録を同社ウェブサイト上で受け付けている。登録者には、大量生産の準備が整ったときに通知が届くことになっている。

 確かにクールな自動車だが、本カテゴリの勝者はこれとは別の車、「Bloodhound SSC」にしなければならなかった。3Dプリンタ製の部品だけで作られているわけではないが、3Dプリンタ製パーツをかなり搭載している。外観が最高にクールだ。それに、ジェットエンジンとロケットを搭載しており、最高時速1000マイル(約1600km)で走行できる。

関連記事:時速1600km目指す超音速ロケット車--3Dプリントなど最新技術が使われた内部を見る

提供:Andrew Hoyle/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]