2014年の優れた3Dプリンタ作品--医療から音楽まで - 4/10

Michael Franco (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動物

 2014年、3D印刷テクノロジの恩恵を受けたのは人間だけではない。人間の友である動物の生活も向上した。たとえば、3D印刷されたくちばしによって命を救われたペンギンがいた。Buttercupという名前のアヒルは、3D印刷された新しいひれ足を受け取った。そして、写真の子犬TurboRooも3D印刷の恩恵を受けている。前足が両方ない状態で生まれたTurboRooのために、3dynという3D印刷企業のプレジデントを務めるMark Deadrick氏が、3Dプリンタで特殊なカートを製作した。Deadrick氏はその後、TurboRooが動き回れるように、滑走用の車輪を追加している。3D印刷テクノロジを利用することで、TurboRooの成長に応じて、適切なサイズのカートを低コストで作っていくことができるだろう。
Scroll Right Scroll Left

動物

 2014年、3D印刷テクノロジの恩恵を受けたのは人間だけではない。人間の友である動物の生活も向上した。たとえば、3D印刷されたくちばしによって命を救われたペンギンがいた。Buttercupという名前のアヒルは、3D印刷された新しいひれ足を受け取った。そして、写真の子犬TurboRooも3D印刷の恩恵を受けている。前足が両方ない状態で生まれたTurboRooのために、3dynという3D印刷企業のプレジデントを務めるMark Deadrick氏が、3Dプリンタで特殊なカートを製作した。Deadrick氏はその後、TurboRooが動き回れるように、滑走用の車輪を追加している。3D印刷テクノロジを利用することで、TurboRooの成長に応じて、適切なサイズのカートを低コストで作っていくことができるだろう。

提供:The Downtown Veterinaria

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]