2014年の優れた3Dプリンタ作品--医療から音楽まで - 9/10

Michael Franco (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
揺り籠から墓場まで

 今回のようなリストで一般的なカテゴリでないことは分かっているが、米CNETが本記事に最適な2つのものを取り上げたので、筆者はそれらにページを割かないわけにはいかなかった(警告:このカテゴリの名前は「最も気味の悪い3D印刷の利用法」でもおかしくなかっただろう)。

 1つめは、このまだ生まれていない赤ん坊の等身大の人形だ。そう、生まれてくる赤ん坊を腕に抱くのが楽しみで待ちきれない人のために、3D Babiesという企業(ふさわしい社名だ)が超音波データを使って子宮にいる赤ん坊の頭部を再現し、3種類の肌の色合いから選択可能な4つの身体の1つと結合してくれる。

 少し気味が悪いと思えたとしても、次に紹介するプロジェクトはその上をいく。大切な人の遺灰を入れる壺だが、見た目は大切な人の顔にそっくりだ。「Cremation Solutions」という企業は、故人の数枚の写真だけを使ってこのような壺を作ることができると宣伝している。小型の壺は600ドルで、遺灰の一部を納めることができる。すべての遺灰を納めることが可能なフルサイズの壺は2400ドルだ。しかし、実際のところ、このようなものに値段を付けてもいいのだろうか。
Scroll Right Scroll Left

揺り籠から墓場まで

 今回のようなリストで一般的なカテゴリでないことは分かっているが、米CNETが本記事に最適な2つのものを取り上げたので、筆者はそれらにページを割かないわけにはいかなかった(警告:このカテゴリの名前は「最も気味の悪い3D印刷の利用法」でもおかしくなかっただろう)。

 1つめは、このまだ生まれていない赤ん坊の等身大の人形だ。そう、生まれてくる赤ん坊を腕に抱くのが楽しみで待ちきれない人のために、3D Babiesという企業(ふさわしい社名だ)が超音波データを使って子宮にいる赤ん坊の頭部を再現し、3種類の肌の色合いから選択可能な4つの身体の1つと結合してくれる。

 少し気味が悪いと思えたとしても、次に紹介するプロジェクトはその上をいく。大切な人の遺灰を入れる壺だが、見た目は大切な人の顔にそっくりだ。「Cremation Solutions」という企業は、故人の数枚の写真だけを使ってこのような壺を作ることができると宣伝している。小型の壺は600ドルで、遺灰の一部を納めることができる。すべての遺灰を納めることが可能なフルサイズの壺は2400ドルだ。しかし、実際のところ、このようなものに値段を付けてもいいのだろうか。

提供:Cremation solutions

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]