2014年の優れた3Dプリンタ作品--医療から音楽まで - 5/10

Michael Franco (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外骨格や人工装具など

 このカテゴリのプロジェクトは、厳密に言えば、すべて「医療」に含まれるかもしれないが、2014年にはこの分野のものが非常に多く製作されたため、別のカテゴリを設ける必要があった。従来のものより効果的で快適だとされる脊柱側弯症患者向けのカスタム装具や、「Roboleg」という3Dプリンタ製の義足、麻痺を患ったスキーヤーがもう一度歩けるようになった3Dプリンタ製の外骨格、ファッションアクセサリにもなりそうな超音波を利用した3Dプリンタ製ギブスなどが登場した。

 このカテゴリの画期的で素晴らしいプロジェクトからお気に入りを1つ選ぶのは難しいが、Not Impossible Labsが「Project Daniel」を通して南スーダンの暴動の被害者たちのために作った義腕を選ぶことにする。これらの義腕はわずか6時間で作ることができ、コストはわずか100ドルだ。つまり、資金調達を通して、手足を失った多くの人々に希望と尊厳を取り戻してもらうことができる。
Scroll Right Scroll Left

外骨格や人工装具など

 このカテゴリのプロジェクトは、厳密に言えば、すべて「医療」に含まれるかもしれないが、2014年にはこの分野のものが非常に多く製作されたため、別のカテゴリを設ける必要があった。従来のものより効果的で快適だとされる脊柱側弯症患者向けのカスタム装具や、「Roboleg」という3Dプリンタ製の義足、麻痺を患ったスキーヤーがもう一度歩けるようになった3Dプリンタ製の外骨格、ファッションアクセサリにもなりそうな超音波を利用した3Dプリンタ製ギブスなどが登場した。

 このカテゴリの画期的で素晴らしいプロジェクトからお気に入りを1つ選ぶのは難しいが、Not Impossible Labsが「Project Daniel」を通して南スーダンの暴動の被害者たちのために作った義腕を選ぶことにする。これらの義腕はわずか6時間で作ることができ、コストはわずか100ドルだ。つまり、資金調達を通して、手足を失った多くの人々に希望と尊厳を取り戻してもらうことができる。

提供:Not Impossible Labs

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]