logo

「Microsoft Band」レビュー(前編)--多機能フィットネスバンド - (page 2)

Scott Stein Dan Graziano 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年12月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft Bandの充電には同梱されている磁気吸着式の充電アダプタを使用する。このアダプタはAppleの「MacBook」シリーズやMicrosoftの「Surface」で採用されているものとはまったく異なる形状になっている。接続は簡単だが、ウェアラブル機器充電用の他のドングルと同様、なくさないように注意する必要がある。

 幅広で薄いディスプレイの表示はシャープだが、画面を表示させるために側面のボタンを押すのはすぐに面倒に感じるようになった。常にディスプレイを動作させておくアンビエントモードもあるが、これはバッテリの持続時間に影響を与える。なお、この製品ではサムスンの「Gear」シリーズや「Android Wear」搭載スマートウォッチのように、腕を持ち上げた際にディスプレイが自動的に表示されるようにはなっていない。また、プラスチック製の本体は擦り傷に弱い。数日間使用しただけで、細かい擦り傷だらけになってしまった。このため、何カ月間もの使用でどうなるのかについては疑問が残る。

 Microsoft Bandは防水性も耐水性も有してない。従ってシャワーを浴びたり泳ぐ際には外さなければならない。Pebbleの製品やBASISのPeak、JawboneのUP3といった他のフィットネスバンドやスマートウォッチは防水性を有している。正直なところ、こういったフィットネスバンドは外さなくてもよいようになっているべきだと考えている。筆者は今回、同時にPeakも試用していたのだが、Microsoft Bandを腕から外す必要があった時もずっと装着していられたという点で、Peakの方に軍配を上げたくなる。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

トラッキングとフィットネス

 Microsoft Bandでは数多くのフィットネス関連機能の他に、通知(電話やテキスト、Twitter、Facebookなど)や天気予報といったものが利用可能となっている。このため同製品は単なるフィットネストラッカーというだけでなく、それを超えるような、トレーニングパートナーとでも称すべきものとなっている。歩数や移動距離、消費カロリー、睡眠を追跡するだけでなく、GPSによってランニング経路を記録するとともに、全体的な健康状態を管理するために心拍数を24時間モニタするようにもなっている。

 Microsoftはこの製品を、熱心にスポーツジムに通っている人や、エクササイズに縁遠い人でも使用できるようにしたと語っている。専用のモバイルアプリには、ユーザーのフィットネス目標を達成するうえでの指針となる「専門家が作成した」ワークアウトが数多く用意されている。同製品にワークアウトをダウンロードすると、実行するべき反復運動の量と休憩時間のカウントダウンタイマーが表示される。また、このモバイルアプリには初心者向けとして、各ワークアウトのやり方を教えてくれるビデオも用意されている。

提供:Sarah Tew/CNET
ダウンロードしたワークアウトの実行画面
提供:Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]