logo

「iPad Air 2」レビュー(前編)--より薄く高性能に - (page 4)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年10月30日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベンチマークの数字上では、iPad Air 2は期待通り最速のiOSデバイスとなっている。よく使われるグラフィックベンチマークアプリである3DMarkと、3DMarkの「Ice Storm Unlimited」テストを実行したところ、平均スコアで2万1744を記録した。これはiPhone 6やiPhone 6 Plusよりも一段上であり、2013年のiPad Airよりも大きく改善されている。NVIDIAの「Shield」タブレットのように、これよりも上の3DMarkスコアを記録しているタブレットもあるが、これは他のiOSデバイスのグラフィックス性能を大きく引き離している。2013年版iPad Airのスコアは、iPhone 5sに近いものだったが、2014年のモデルの場合は、iPadを選ぶだけのインセンティブになり得る。

 Geekbench 3のシングルコアテストの平均スコアも、従来よりよくなっているが、重要なのはマルチコアテストのスコアだ。平均4506というスコアは他のiOSデバイスを大きく上回っており、最高のマルチタスクiPadに仕上がっているのかもしれない。これはiPad Airが搭載する「A7」プロセッサの2倍とまではいかないが、それに近い数字だ。iOSではあまり激しいマルチタスクはできないが、このiPadでは状況が変わるかもしれない。

提供:CNET
提供:CNET

 しかし、普通のユーザーにとってはどのような意味があるのだろうか?筆者はiPad Air 2に大量のゲームやアプリをロードし、「Modern Combat 5」や「Asphalt 8」「Epic Zen Garden」のデモなどの、「A8」に最適化されたゲームを試してみたが、すべて見事に動作し、ラグも起きなかった。アプリの切り替えも素早く行うことができ、以前のiPadでは起こるようなアプリの強制終了も発生しなかった。つまり、アプリのキャッシュは改善されているということだ。

 グラフィックや写真の編集を真剣に行うユーザーや、動画や音楽の編集や製作を行うユーザー、最先端のグラフィックを楽しみたいハードコアなiPadゲームファンにとっては、これは夢のマシンになるはずだろう。しかし、一般的なiPadユーザーは、そこまでの性能が必要になることはないかもしれない。

 iPad Air 2は、2013年のモデルと同じA7プロセッサを搭載しているiPad mini 3よりはかなり性能が上だ。しかし、動画のストリーミングや、読書、文書作成、簡単なゲームをやる程度の一般的なiPadユーザーであれば、おそらくiPad Airの高性能は必要ないだろう。

 後編に続く

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]