ソニー「Xperia Z3」レビュー--「PS4リモートプレイ」対応の新フラッグシップスマートフォン - (page 3)

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年10月09日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕様

 Z3は高速な2.5GHzのクアッドコアプロセッサ「Snapdragon 801」と、Z2と同じ5.2インチのフルHDディスプレイ(1920×1080ピクセル)を持っている。QHD(2560×1440ピクセル)のディスプレイを選んだサムスンなどの他のメーカーとは違い、ソニーはZ3でフルHDを採用した。解像度を高くしても、バッテリ持続時間を短くするだけのメリットは得られないというのが同社の主張だ。これには確かに一理ある。特に、ソニーがZ3で2日間のバッテリ持続時間を実現していることを考えれば、説得力がある。これについては、後ほど詳しく述べることにしよう。

 さらにZ3は、3GバイトのRAMと16Gバイトまたは32Gバイトの内蔵ストレージを備えている。また、デュアルバンドWi-Fi、Bluetooth 4.0、近距離無線通信(NFC)も搭載している。

 Xperia Z3が主要なメーカーの主力Androidスマートフォンと比較してどの程度優れているかが気になる読者のために、仕様を以下の一覧表にまとめた。

ソニー
Xperia Z3
サムスン
GALAXY S5
LG
G3
HTC
One M8
米国での最低価格
(2年契約)
未発表199ドル199ドル149ドル
ディスプレイサイズ
解像度
5.2インチ
1920×1080
IPS LCD
(424ppi)
5.1インチ
1920×1080
Super AMOLED
(432ppi)
5.5インチ
2560×1440
IPS LCD
(538ppi)
5インチ
1920×1080
Super LCD
(441ppi)
プロセッサ2.5GHz
Qualcomm Snapdragon
(Krait 400)
2.5GHz
Qualcomm Snapdragon
(Krait 400)
2.5GHz
Qualcomm Snapdragon
(Krait 400)
(米国)
2.3GHz
Qualcomm Snapdragon
(アジア)
2.5GHz
Qualcomm Snapdragon
(Krait400)
RAM3Gバイト2Gバイト2Gバイト/3Gバイト2Gバイト
内蔵ストレージ16Gバイト
32Gバイト
16Gバイト
32Gバイト
16Gバイト
32Gバイト
16Gバイト
32Gバイト
拡張ストレージ使用可(microSD)使用可 (microSD)使用可 (microSD)使用可 (microSD)
ネットワーク802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 4.0
802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 4.0 BLE/ANT+
802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 4.0 LE(APT-x)
802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 4.0(APT-x)
OSAndroid 4.4.4Android 4.4.2Android 4.4.2Android 4.4.2
米国の通信会社T-Mobile(予定)AT&T
Sprint
T-Mobile
Verizon
AT&T
Sprint
T-Mobile
Verizon
AT&T
T-Mobile
Verizon

カメラ

 Xperia Z3には、Z1、Z2と同じ20.7メガピクセルのカメラが搭載されているが、いくつか改良されている点もある。ISO感度は1万2800まで選択できるようになっており、レンズが広くなっているのに加え、手ぶれ補正の機能も強化されている。Z2同様、4K動画を撮影することもできる。

 こうして見ると、Z3のカメラはかなり高性能のように見えるが、いくつか欠点もある。まず、20.7メガピクセルの画素数を持っているにも関わらず、ソニーはほとんどのモードでピクセルビニング機能を使用しており、生成される写真は約8メガピクセルのものになっている。

 オートフォーカスは手元にある「iPhone 6」と比べるとやや遅いように感じられるが、ソニーは今後の機種でサムスンやAppleに倣って位相差検出方式を採用し、フォーカスを高速化してくると思われる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]