KDDI、MVNOの新会社を設立--独自&パートナーブランドを展開へ

井指啓吾 (編集部)2014年08月29日 18時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは8月29日、MVNO事業を推進する新会社「KDDIバリューイネイブラー(KVE)株式会社」を設立したと発表した。パートナー企業と連携した低価格志向のサービスを創出することで、スマートデバイス利用者の裾野拡大を目指す。

  • 新会社事業概念図

 現在、スマートフォンのMVNOサービスはNTTドコモの回線を使ったものが多く、KDDIの回線を用いているのはケイ・オプティコムの「mineo」のみ。今後はKVEもMVNO事業者として機能し、パートナーブランドとともにKVEの独自ブランドを展開する。

 KDDIによるとこれまで、モバイルサービスをより柔軟に販売できるモデルの提供について、さまざまなパートナー企業から要望を受けていたという。

 KVEの設立日は8月18日。代表取締役社長には菱岡弘氏が就任した。資本金は1億円で、KDDIの100%出資となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加