logo

SAP、グーグル、Dropboxなど6社、パテントトロール対策で結集

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年07月10日 08時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンタープライズソフトウェアの新興企業からシリコンバレーの大手企業にいたるまでが、特許トロールに対処するために結集した。

 License on Transfer(LOT)Networkというこのコンソーシアムは、「特許プライバティアリング」(Patent privateering)に関連する訴訟とそのリスクの低減を目的とする。

 LOT Networkの米国時間7月9日の発表によると、米国において2013年に特許不実施主体(Non-Practicing Entity:NPE)が提起した訴訟は6000件を超えたという。LOT Networkはこのような団体を特許トロールと呼んでいる。特許トロールが使用する特許の70%以上が、元は事業会社が保有していたものだとLOT Networkは付け加えている。

 LOT Networkは、特許主張主体(Patent Assertion Entity:PAE)に提訴されるリスクを低減することによってイノベーションを推進するコミュニティーである。既に5万件以上の取得済み米国特許を含む30万件近くの特許資産が、LOT Networkの管理下にある。

 LOT Networkは基本的に、特許のプーリングによってロイヤルティフリーのクロスライセンス契約を交わすという、オープンソースに近いアプローチをとる。同団体に加盟する企業は、特許がLOT Networkの外部に譲渡された後も自社を保護するライセンスを得られる。

 特許が売却される場合、LOT Networkの加盟企業は、このライセンスによって「特許売却先のいかなる特許トロール」からも保護される。

 現時点でLOT Networkに加盟しているのは、SAP、Newegg、Google、Dropbox、キヤノン、Asanaの6社である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集