logo

サムスン「Galaxy Tab S」の第一印象--「iPad」に挑む新タブレット

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年06月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンの最新「Android」タブレットである「Galaxy Tab S」は、Appleの「iPad」に直接矛先を向けた製品だ。より大きな画面を搭載しながらも、より薄く、より軽く作られており、iPadとほぼ同じ価格を実現している。

 サムスンのこの新製品によって、同社が提供している目まいがするほど数多くのタブレット製品のラインナップがさらに増えることになる。これらの製品にはさまざまな価格帯や大きさのモデルが用意されているが大別すると、コンシューマー向けの「GALAXY Tab」と、より生産性を重視し、スタイラスを装備したビジネス用途向けの「GALAXY Note」の2つになる。

 こういったタブレットは今まですべて、iPadをターゲットにして発売されてきたものの、今回のGalaxy Tab Sは少なくとも仕様や製品価値という観点から見れば、同社のタブレット群すべてをしのいでいるようだ。

iPadとほぼ同じ価格--しかもより薄く、より軽く

 Galaxy Tab Sでは、チタニウムブロンズとダズリングホワイトという2種類のカラー、そして8.4インチの小型モデルと10.5インチのより大きなモデルという2種類のサイズが用意される。7月の初めに出荷される予定となっている同製品の小売価格は、米国では8.4インチのモデルが399.99ドル、10.5インチのモデルが499.99ドルとなる。

 この価格に聞き覚えがあるって?その通り。「iPad mini with Retina Display」(16Gバイト)の価格は399ドルからとなっており、「iPad Air」のエントリーモデルは499ドルとなっている。Galaxy Tab Sの2モデルはワイドスクリーンを搭載しているため、その形状やサイズを直接iPadと対応付けることはできないものの、おおよそ同じであると言えるだろう。

Galaxy Tab Sの厚さは2モデルとも6.6mmとなっている。
Galaxy Tab Sの厚さは2モデルとも6.6mmとなっている。
提供:Sarah Tew/CNET

 Galaxy Tab Sの重量は競合するiPad製品と比較するとほんの少し軽くなっており、8.4インチのモデルは約10オンス(294g)であり(iPad mini with Retina Displayは331g)、10.5インチのモデルは約1ポンド(465g)とiPad Airよりも4gほど軽くなっている。

 厚さはどうだろうか?厚さはiPadが7.5mmなのに対してGalaxy Tab Sはたったの6.6mmだ。このため、Galaxy Tab Sはいずれのモデルも、手に持つと(iPadと同様に)非常に薄く感じられる。また、背面のデザインは「GALAXY S5」と同様、賛否両論を呼んでいる(ただし筆者は好感を抱いている)ディンプル仕上げが施されたものとなっている。

 OS以外のソフトウェアにももちろんさまざまな違いがあり(Galaxy Tab Sでは「Android 4.4 KitKat」のサムスン版が稼働する)、サムスンはiPadやAppleの名前こそ出していないものの、その違いを強調している。これは少し奇妙であるが、目に見える敵と同時に目に見えない敵と戦うサムスンらしい動きと言える。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]