logo

「Windows 8」でのスタートメニュー復活はおあずけ?--情報筋

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年06月04日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは結局、「Windows 8.1 Update 2」にWindows 8用の新しいスタートメニューを実装しないようだ。

 これまでWindowsについて信用に足る情報を提供してきてくれた複数の情報筋が、最近の計画変更に関するこの話を筆者に教えてくれた。

 Microsoftは最近まで、「ミニ版」のスタートメニューをWindows 8.1の2回目のアップデートであるWindows 8.1 Update 2に入れ込もうとしていた。同アップデートは、(私が直近に聞いた話では)現在でも2014年8月に提供される予定だ。

 MicrosoftのOS部門は、自社製のスタートメニューの提供をWindowsの次期大型リリース「Threshold」まで提供しない決断を下した。「Windows 9」と呼ばれるのかは定かでないが、Thresholdは2015年にリリースされる予定。時間内に機能が完成しないためなのか、他に理由があるのか、計画が変更された経緯は分からない。

 Microsoftが開発する新しいスタートメニューは「Windows XP」「Windows Vista」「Windows 7」のものとは異なるものになる。共通点もあるが、Windows 8のMetroスタイルの画面コンセプトに沿ったものになる。市場にはStardockPokki Windows 8 Start Menuなど、サードパーティーが開発したWindows 8用のスタートメニューが複数存在している。

 Microsoftのユニファイドオペレーションシステムグループを統括するエグゼクティブバイスプレジデントTerry Myerson氏は4月初めにMicrosoftが開催した「Build Developer Conference」でスタートメニューのモックアップを披露し、スタートメニューを「次の版の」Windowsで利用可能にすると述べた。同氏はこれがWindows 8.1 Update 2なのか、Thresholdなのかは明示しなかったが、4月に漏れ聞こえた話では、同社の中ではUpdate 2に機能を実装する予定だったという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]