logo

Arrows Xの利用者、69%が1日5回以上充電--ニールセンのスマホ利用状況分析レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニールセンは5月19日、調査協力モニターのスマートフォンに搭載したメーターにより、国内におけるスマートフォンの利用動向をリアルタイムに計測するスマートフォン利用状況分析レポート「Nielsen Smartphone Analytics」の提供を開始した。あわせて、Smartphone Analyticsにおける2014年2月のデータにもとづき、スマートフォン利用状況の分析結果を発表した。

 利用者のスマートフォン端末別の1日あたりの平均充電回数(フル充電ではなく、電源に繋がれた回数)をみると、ハイスペックな“全部入りスマホ”として発売されていたArrows Xの利用者の69%が1日に5回以上充電をしていることがわかった。


1日当たりの平均充電回数:端末別

 また、Xperia Aでは1回から2回の充電をする利用者が最も多く48%、Galaxy S IIIでは1回から2回、3回から4回、5回以上がそれぞれ30%程度となっており、利用端末ごとに差がみられた。

 次いで、主要なアプリにおける1人あたりのデータ使用量を接続回線(Wi-Fiおよびキャリア回線)別にみると、動画関連アプリではWi-Fi経由でのデータ使用量がキャリア回線経由を大きく上回った。利用者が視聴品質やファイル容量を気にかけながら、移動中などよりも落ち着いた環境で動画を楽しんでいる状況がうかがえる。


主要アプリ利用状況:接続回線別1人当たりデータ使用量

 一方、コミュニケーション関連アプリではキャリア回線からのデータ使用量が多く、回線の状況を気にせず思いついたときにアプリを利用していることがわかった。ストリーミングラジオ、ブラウザでは、利用者属性やアプリの使用目的によって接続回線の利用状況が異なるという結果となった。

 Smartphone Analyticsは日本全国の4000人(iOS、Android各2000人)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報や端末/ネットワーク利用状況を元に作成される。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、携帯電話会社、携帯端末、アプリやウェブサイトごとの回線種別の使用状況、バッテリーの使用状況、CPUの使用状況、日別、曜日別、時間帯別の利用状況をメーターで計測し、レポートする。データは利用者属性、OS、携帯電話会社、回線種別、デバイスメーカー、デバイス種別などのセグメント別に抽出できる。


Nielsen Smartphone Analytics が提供しているデータ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]