logo

“Tポイントのビッグデータ”活用した動画広告--約1000万ユーザーにリーチ

井指啓吾 (編集部)2014年05月20日 08時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オプトグループのPlatform IDは5月19日、Tポイントのビッグデータをもとに、会員属性データを活用した動画広告配信サービスを開始した。同社のDSP(広告配信プラットフォーム)「Xrost DSP」において提供する。

 このサービスでは、従来のターゲットユーザーの属性を推測する広告配信ではなく、事実属性にもとづいた広告配信ができる。たとえば、20歳以上のユーザーに対してキャンペーン商品の動画広告を配信し、その態度変容とリアル店舗での対象商品購買数までを把握、分析することなどが可能だ。また、実店舗での来店や購買のデータや利用者アンケートを組み合わせることで、広告接触ユーザー、非接触ユーザー、クリックユーザーごとの行動分析が可能になるという。

 広告出稿企業は、オンラインだけでなくリアルチャネルでの来店やサービス利用、実購買に至るまで、Cost per認知(認知にかかったCost)、Cost per購入意向(購入意向へと態度変容を起こすことにかかったCost)、Cost Per実購買(リアル店舗においての実購買へ繋がったCost)という新たな指標で施策を講じられるという。また、Xrostが提携する会員IDデータなどを活用することにより、最大約1000万ユーザー(5月現在)にリーチできるという。


サービスのイメージ図

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]