CDから取り込んだ曲もiCloudへ--アップル、日本でも「iTunes Match」開始

坂本純子 (編集部)2014年05月02日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは5月2日、音楽クラウドサービス「iTunes Match」を日本でもスタートした。米国では2011年からスタートしている。

 iTunes Matchを使うと、iTunes Storeで購入した楽曲はもちろん、CDから読み込んだ楽曲やiTunes Store以外で購入した楽曲も含めて、PC上の音楽コレクション全体をiCloudに保存できる。iPhoneやiPad、Windows PCやMac、Apple TVなどからiCloudにアクセスすればいつでもどこでも、自分の持っている音楽コレクションすべてを楽しめるようになる。

 最大の特長は、iTunes Storeで購入していない楽曲にも対応していることだ。この前買ったCDの曲がPCにはあるが、iPhoneに入っていない、という時でもオンラインでいつでもどこでもストリーミング再生できる。もちろんiCloudからiPhoneに保存して、オフラインでの再生も可能だ。

最新のiTunesには「Match」のメニューが。そこから登録できる
最新のiTunesには「Match」のメニューが。そこから登録できる

 利用料は年間3980円。iCloudには最大2万5000曲(iTunes Storeで購入した楽曲を含まず)が保存できる。なお、iTunes Matchを使い始めるには楽曲を持つMac/WindowsPCから楽曲のマッチを行う必要がある。

 利用するには登録が必要で、登録自体はPC以外からも行える。iPhone/iPod touch、iPadからは「設定」「ミュージック」の中にある「iTunes Matchに登録」から行える。Mac/Windows PCは最新版のiTunesを開き、「Store」メニューから「iTunes Matchをオン」を選択すると利用できる。iTunes Matchの詳細は、アップルのウェブサイトにも記載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加