logo

「OneNote for iPhone」と「OneNote for Mac」に複数の新機能

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年05月02日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月1日、「OneNote for iPhone」と「OneNote for Mac」の注目すべきアップデートをリリースした。

 これら2つの新しいアップデートに先立ち、同社は4月29日、「Office for iPad」に印刷機能を追加し、「AirPrint」対応プリンタへの印刷を可能にしたと発表している。


 1日にリリースされたOneNote for iPhoneのアップデート(バージョン2.2.1)は、同アプリをデスクトップという「束縛から解放」し、「iPhone」から新しいノートブックやセクションを作成できるようにするというものだ。また同アップデートでは、「iOS 7」上でのノートの記述や、ノート間のナビゲーションをより「円滑かつ効率的」なものにすることにも力が注がれている。

 さらにOneNote for iPhoneに「Office Lens」アプリが組み込まれたことで、ユーザーはホワイトボード上のメモや、買い物のレシート、その他のドキュメントを撮影したうえで、より読みやすいかたちに変換表示させられるようにもなった。なお、画像に含まれているテキストは光学文字認識(OCR)機能を用いて検索することもできる。

 OneNote for Macのバージョン15.1では印刷機能の一環として、印刷ダイアログボックスから特定のページをPDFファイルとして保存できるようになった。また、画像のドラッグ&ドロップもサポートされるようになっため、「Mac」ユーザーは「Finder」から複数の画像をOneNoteにドラッグ&ドロップできるようになった。さらに、画像のフォーマットツールも追加された。

 なお、今回のアップデートでOneNote for Macは、「Format Painter」ツールをサポートしたため、ユーザーのノート間で一貫したテキストフォーマットを適用できるようになった。フォーマットされたコンテンツはコピーやペーストが可能であるため、「Word」や「Excel」、あるいはウェブページ上のフォーマットとも一貫性を持たせることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]