アドウェイズがgumiに出資--アジア圏での事業を加速

藤井涼 (編集部)2014年02月05日 19時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット広告事業を展開するアドウェイズは2月5日、モバイルゲームを開発するgumiの株式の一部(議決権所有割合1.0%)を取得することを発表した。

 アドウェイズグループは、韓国を中心としたアジアのスマートフォンゲーム市場に向けて、スマートフォンアプリ向け広告プラットフォーム「AppDriver(アップドライバー)」を提供するなど海外展開を積極的に進めている。

 一方のgumiは、子会社のエイリムが開発したモバイルゲーム「ブレイブフロンティア」を、国内だけでなくアジア圏や米国向けにも展開しており、同作の国内プレイヤー数は200万人を、海外プレイヤー数は100万人を突破しているという。

 アドウェイズでは、同社の広告事業やスマートフォン市場での今後の展開と、gumiのモバイルオンラインゲーム事業のシナジー効果が高いと判断したため、出資を決めたと説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加