logo

火星の表面を見る--探査機「Mars Express」からの画像より - 3/12

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年02月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この名前のない長いくぼ地は、はるかに大きなホイヘンスクレーターのすぐ南に位置している。長さが約78kmで、一方の端の幅が10km弱、もう一方の端の幅が25kmあり、深さは2kmに達している。ESAの科学者らは、この周囲を覆う物質は衝突によって放出されたように見えると述べている。
Scroll Right Scroll Left

 この名前のない長いくぼ地は、はるかに大きなホイヘンスクレーターのすぐ南に位置している。長さが約78kmで、一方の端の幅が10km弱、もう一方の端の幅が25kmあり、深さは2kmに達している。ESAの科学者らは、この周囲を覆う物質は衝突によって放出されたように見えると述べている。

提供: ESA/DLR/FU Berlin (G. Neukum)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]