logo

初代「Macintosh」の開発者が語る:「無償でも働いただろう」

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年01月29日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州クパチーノ発--「Macintosh」を作り上げた人々にとって、それは自ら好んでする仕事だったようだ。

 米国時間1月25日の夕刻、初代Macintoshの開発チームが、30年前に生み出したこのマシンを記念して一堂に会した。この製品によって「iPod」や「iPhone」「iPad」といったヒット製品につながる道が開かれたのだ。

 若きSteve Jobs氏がパーソナルコンピューティングの世界を変革したのは30年前のこのビルでのことだった。すべてが映画「炎のランナー」のテーマ曲さながらであった。

 チームは当時を懐かしみながら、同製品の開発は金銭的報酬が目的ではなかったと語った。Apple初期のハードウェア第一人者であり、同社創業時の10人の従業員のうちの1人であるRod Holt氏は「もしもSteveが『君たちの給与が支払われないとしたらどうだ?』と尋ねてきても、われわれはチームを存続させていただろう」と語った。

 同氏は「しかし、多くの不満の声が上がっていただろうね」と笑いながら付け加えた。


初代Macintoshを手がけたチーム
提供:Tom Foremski

Rod Holt氏
提供:Dan Farber/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集