logo

「iPhone」にワイヤレス接続できる補聴器が実現へ--Reuters報道

David Morgenstern (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年11月26日 12時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デンマークの大手補聴器メーカーGN Store NordがAppleと協力し、補聴器から「iPhone」に直接ワイヤレス接続することを可能にしたという。このデバイスは、2014年第1四半期に出荷される予定だ。Reutersが米国時間11月24日に報じた。

 Appleはあらゆるメーカーを訪ね、補聴器から「iPhone」へ2.4GHzで直接つながるようにしたいと伝えた。GNはこのような製品で既に第2世代に入っていたことから、すぐに両社の協力が実現した。

 その後はプロトコルの構築と電力効率の改良を目的として、カリフォルニアとコペンハーゲン間で頻繁な往復が続いた。

 Appleの特許に関するニュースを掲載するPatently Appleには、Appleが補聴器両立性(Hearing Aid Compatibility:HAC)に関連する複数の特許を保有していると記されている。Appleが最近取得したHAC関連特許は、磁気信号を音波に変換する既存の入力技術であるテレコイル(T-coil)を内蔵した補聴器をiPhoneと接続する技術に関するものだ。また、現行の「iPhone 4」および「iPhone 5」シリーズの各モデルは、補聴器に関する米連邦通信委員会(FCC)の条件を満たしている

 補聴器に内蔵されるテレコイルのサポートは、欧州ではかなり前から行われており、米国ではこの数年間でさまざまな公共建築物で導入されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集