Twitter、テレビ番組の話題を広告のターゲティングに利用する新機能を発表

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 福岡洋一 (ガリレオ)2013年11月23日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間11月21日、Twitterがテレビ視聴者にとって少し身近になる新機能を発表した。

 「テレビ会話ターゲティング」と名付けた新機能では、特定の番組について話をしているTwitterユーザーに対してテレビ局やブランドが「Promoted Tweet」を使って関わりを持つことを可能にする。マーケターがその番組に広告を出しているかどうかとは関係なく利用できるという。Twitterが同社ブログの21日付の投稿で明らかにした。

 「Twitterとテレビは互いに補完し合う面が大きいと考えている」と、Twitterはブログに書いている。「広告主はこれで、インテグレーション、スポンサーシップ、その他の革新的なテレビタイアップに触れるTwitter利用者に簡単にリーチし、タッチポイントを追加したりメッセージを拡大したりできるようになる」

 Twitterの調査によると、TwitterのPromoted Tweetをテレビコマーシャルと組み合わせたところ、メッセージ連想が95%強まり、売り上げが8〜16%増え、顧客獲得のコストがテレビだけの場合より36%削減されたという。新機能はまず米国と英国に登場するが、近いうちにブラジル、カナダ、フランス、スペインにも展開される予定だ。


提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加