MS、「Visual Studio Online」を発表--「Visual Studio」のクラウド版

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年11月14日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの開発部門は米国時間11月13日、同社の開発ツールスイート「Visual Studio」のクラウド版である「Visual Studio Online」を発表した。

 Visual Studio Onlineは(少なくも当初は)、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Windows Azure」上で稼働するいくつかの新しい開発者向けサービスで構成されている。これらのサービスは、統合開発環境(IDE)であるVisual Studioのクライアント版を補完するものだ。

 Microsoftは、11月13日にニューヨーク市で開催された同社の「Visual Studio 2013」発表イベントにおいて、Visual Studio Onlineの最初のサービス群を発表した。同社はこれら5つのVisual Studio Onlineサービスのパブリックプレビュー版を本日13日から提供している。

 Visual Studio Onlineにおいて今回提供されたのは以下のサービスだ。

  • ホスト側でのソースコード管理サービスや、ワークアイテムサービス、アジャイル計画サービス(要するにWindows Azureの「Team Foundation Service」における主要機能)。
  • ホスト側でのビルドサービス。
  • 柔軟な負荷テストサービス。
  • 「Application Insights」--アプリケーションの健全さや利用可能性、パフォーマンス、使用状況といった情報を提供するサービス。
  • 「Monaco」--「クラウド内に置かれた、クラウド向けの」コーディング環境であり、「特定のAzure開発シナリオ」において、Visual Studioの機能の一部をさまざまなブラウザ上で動作できるようにするものである。こういったシナリオのうち、最初にリリースされたのは、あらゆる機器(Windowsが稼働している必要はない)上で動作している、どのような「近代的な」ブラウザからでも「Azure Web Sites」を直接編集できるようにするためのものである。幹部らによると、Monacoテクノロジは同社が3年前から取り組んできたもので、"Napa" Office 365開発ツールから、「SkyDrive」ファイルの編集までを含む、クラウドベースの開発者向けツールのいくつかで既に用いられているという。

 Visual Studio Onlineは、5人までのチームであれば無償で利用できる。また、Visual Studio OnlineはMSDNサブスクリプションの一部となっている。さらに、Visual Studio Professional IDEへのアクセスを含む、Visual Studio Onlineの別のサブスクリプションプランが13日から販売されている。こうしたプランの価格はVisual Studio Onlineのサイトに記載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加