logo

MS、ノキア製「Lumia 1520」の事前予約ページをフライング掲載

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2013年11月07日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間11月6日、Nokiaのスマートフォン「Lumia 1520」の事前予約を受け付けるMicrosoftの公式ウェブページが登場したが、すぐに削除されるという出来事があった。

 現在、このページにアクセスしても、商品情報は表示されないが、当初は通常の2年契約ありで199ドル、2年契約なしで549ドルという価格が示されていた。また、取り扱う通信事業者はAT&Tで、黒、白、黄、赤の4色が用意されるとのことだった。

 さらに、Microsoftは発売日についても11月15日と記載していた。

 Microsoftはなぜ、事前予約ページを公開して、すぐに取り下げたのだろうか?Microsoftの広報担当者は、米CNETに対し、今回の混乱について次のような文章で説明した。

 新しいNokia Lumia 1520の事前予約は、すべてのMicrosoft取扱小売店と「MicrosoftStore.com」で受け付ける予定だ。われわれは、Lumia 1520がまもなく登場することを非常に楽しみにするあまり、昨晩その製品ページを「MicrosoftStore.com」に予定より早く掲載してしまった。事前予約、価格、および納期については、情報が入り次第お伝えする。

 AT&Tは10月に、Lumia 1520を米国で独占的に取り扱う通信事業者になると発表した。だが、同社のウェブサイトには発売日の表記はなく、事前予約ページも用意されていない。同社の広報担当者は米CNETに対し、Lumia 1520の価格と納期についてはまだ発表していないと語っている。

 というわけで、MicrosoftはAT&Tの準備が整う前にフライングをしてしまったようだ。ゆえに11月15日という発売日は、まだ公式には発表されていないだけで、正しい日付なのかもしれない。

 Lumia 1520は、6インチの1080pフルHDディスプレイを搭載している。そのため、現在Lumiaシリーズの中で最も大きな機種であり、新たにファブレットの領域に進出する製品となる。メモリは2Gバイト、ストレージは16Gバイトで、クアッドコアのQualcomm製「Snapdragon 800」プロセッサと20メガピクセルの「PureView」カメラを搭載している。


提供: Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集