グーグル「Doodle」の15年--記念日を祝い続けたロゴの歴史を振り返る

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年11月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Google Doodle」のコンセプトが生まれたのは1998年8月30日、Googleの共同創設者であるLarry Page氏とSergey Brin氏が、「Google」という単語の2番目の「o」の後ろに棒でつくった人型の簡単なイラストを置いた時だ。Googleロゴによるこの初めてのアートは、共同創設者の2人がバーニングマンフェスティバルに出かけていて不在だということを、同サイトのユーザーに伝えるメッセージとして考えられたものだった。

 この最初の小さなDoodleは比較的シンプルなスケッチだったものの、Googleロゴを飾って有名なイベントを祝うというアイデアの発端となった。この伝統は現在、これまでになく強くなっている。Doodleの数が増える中、新しいテクノロジがより複雑で面白く、クリエイティブな芸術的コンセプトをもたらしている。現在Googleは「Doodler」として知られるイラストレーターとエンジニアのチームを雇い、Googleホームページを盛り立てている。

 「Google Doodle」のコンセプトが生まれたのは1998年8月30日、Googleの共同創設者であるLarry Page氏とSergey Brin氏が、「Google」という単語の2番目の「o」の後ろに棒でつくった人型の簡単なイラストを置いた時だ。Googleロゴによるこの初めてのアートは、共同創設者の2人がバーニングマンフェスティバルに出かけていて不在だということを、同サイトのユーザーに伝えるメッセージとして考えられたものだった。

 この最初の小さなDoodleは比較的シンプルなスケッチだったものの、Googleロゴを飾って有名なイベントを祝うというアイデアの発端となった。この伝統は現在、これまでになく強くなっている。Doodleの数が増える中、新しいテクノロジがより複雑で面白く、クリエイティブな芸術的コンセプトをもたらしている。現在Googleは「Doodler」として知られるイラストレーターとエンジニアのチームを雇い、Googleホームページを盛り立てている。

提供: Google

  • このエントリーをはてなブックマークに追加