logo

「iPhone 5c」レビュー--低価格版でも高性能、カラフルな外観 - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年10月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン

 明るい色をまとったプラスチックボディのiPhoneというと、まったく新しい製品のように聞こえるかもしれない。しかし、それは間違いだ。Appleは何年も前からカラフルな「iPod」を販売しており、iPod touchにおいても2012年にさまざまな色のモデルを追加している。つまり、AppleはiPhone 5cで、iPhoneにもこういったカラフルな路線を取り入れたというわけだ。

 プラスチックといっても、安物のようには感じられない。ポリカーボネート製の背面ボディはスムーズであり、つややかなキャンディでコーティングしたかのように感じられる。また、この製品はずっしりとした印象で、実際にiPhone 5よりも20gほど重いものの、手に持った感じは快適であり、エッジのシャープなメタル製のiPhone 5やiPhone 5sよりも優れていると言えるかもしれない。つまりiPhone 5cは3年前に販売されていたプラスチック製iPhoneへの回帰というわけだ。

提供:Sarah Tew/CNET
iPhone 5c(左)とiPhone 3GS(右):よく似た雰囲気を醸し出している
提供:Sarah Tew/CNET

 何とも面白いことに、昔の「iPhone 3G」や「iPhone 3GS」と比べてみると驚くほど仕上がりがよく似ている。iPhone 3GSの方が丸くずんぐりしている一方、iPhone 5cは背面が平らで、縦長のボディになっているものの、側面に回り込んでいるポリカーボネートの感触は同じだ。この製品はまったく新しいものというよりも、懐かしさを感じさせるものとなっている。

 iPhone 5cとiPhone 5sの外見上の違いは、プラスチック製とメタル製という点で、昔の白いMacBookと「MacBook Pro」の違いにたとえられる。要するにAppleは、iPhone 5sを「プロ」のデバイスと位置付けたいのかもしれない。iPhone 5cは手に持った感触が良く、スムーズかつクリーンな仕上がりとなっている。一方、iPhone 5やiPhone 5sは角張っており、宇宙人が持っているデバイスのようなデザインに基づいている。

 iPhone 5cは、iPhone 5やiPhone 5sと比べると、ほんの少し長く(124.4mm対123.8mm)、ほんの少し幅広(59.2mm対58.6mm)で、少し厚く(8.97mm対7.6mm)なっている。つまりiPhone 5cは、iPhone 5用のほとんどのケースには収まらないということだ。

 また、重さも132g対112gと重くなっている。しかしそれでも、「iPhone 4S」と比べると微妙に薄く、かつ軽くなっている。

提供:CNET staff
提供:CNET staff

 iPhone 5やiPhone 5sと同様に、ヘッドホンジャックは底面にある。スピーカーからの音は底面に開けられた4つの小さな穴から出てくるようになっており、その音量はiPhone 5と同じくらいだ。また、画面の下にあるホームボタンは従来のiPhoneのものとまったく同じであり、指紋センサは内蔵されていない。

 iPhone 5cは子ども向けの携帯電話としても訴えかける力があるはずだ。壊れにくそうで、暖かい感じがするうえ、シンプルにも見える。まるでiPodのようだ。さらに側面のボリュームロッカーボタンは細長くなっており、iPod touchを思い起こさせる。またカラーは明るく、筆者がレビューに使用した白のiPhone 5c以外はすべて目立つパステルカラーとなっている。ちなみにiPhone 5cの背面に記されている文字は、すべて黒となっている。なお、iOS 7には携帯電話のボディカラーに合わせた壁紙とテーマがプリインストールされており、全体的なカラーの統一が図られている。ただ、EarPodsは白いままだ。

ケースとアクセサリ

 本体のサイズが変わったため、ケースも新たに用意された。Appleは、iPadの「Smart Cover」や「Smart Case」と同じ、ポリウレタンとマイクロファイバーでできた明るい色のケースを取りそろえ、29ドルで提供している。明るい色のケースは魅力的だ。大きな穴がいくつも開けられており、iPhoneの色とケースの色が引き立てあうようになっている。このアイデアを利用したケースがサードパーティーから発売されるようになるかもしれない。

提供:CNET staff
提供:CNET staff

 Apple自身がデザインしたこのケースは良くできているが、少し惜しい点がある。iPhoneの背面に印刷されている米連邦通信委員会(FCC)の承認コードとモデル情報の一部が穴の向こうから顔を出しているのだ。一部分だけが見えることで、クリーンなイメージが台無しになってしまう。穴の位置をもう少し上にずらすか、背面の文字を少し移動させればよかったのではないだろうか?これは重箱の隅をつつくような話であるが、Appleにはこういったデザインの細部にまで気を配るという伝統があったはずだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]