logo

「iPhone 5c」レビュー--低価格版でも高性能、カラフルな外観 - (page 5)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年10月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「A6」プロセッサ、ふたたび

 iPhone 5の発売当時、同製品に搭載されていたデュアルコアの「A6」プロセッサは最先端のプロセッサであったものの、2013年の今ではほとんどの最新型携帯に比べて、さほど驚くほどの性能ではなくなっている。とは言うものの、ベンチマークテストでは優れた結果を収めている。その一方で、デュアルコアのA7プロセッサを搭載したiPhone 5sは、iPhone 5が2012年に発売された時に値する長足の進歩を遂げている。Geekbench 3やLinpack、3DMark、SunSpiderといったテストでは、iPhone 5cはiPhone 5と同じ結果になると考えられ、実際その通りだった。また、ほとんどのテストではA7プロセッサを搭載したiPhone 5sの半分程度の速度で実行されていた。とは言うものの、最近のAndroid携帯の方がiPhone 5cよりも優れた結果を出すかもしれない。

 A6はiPhoneユーザーのほとんどのニーズを満足させる素晴らしいプロセッサであり、印象的なグラフィックス能力をも有している。そして忘れてならないのは、iPhone 5cに搭載されているプロセッサが、第5世代のiPod touchや2012年版のiPad miniに搭載されている「A5」という旧世代のプロセッサよりもパワフルであるという点である。

3DMark Ice Storm Unlimited
(バーが長いほど高パフォーマンスであることを示している)

Linpack Multi-Thread(MFLOPS)
(バーが長いほど高パフォーマンスであることを示している)

バッテリ持続時間

 Appleの主張によると、iPhone 5cは2012年に発売されたiPhone 5よりも若干大きな容量のバッテリを搭載しているという。機内モードで輝度を半分にして動画の再生を行うと、最初のテストでバッテリは10時間16分持続した。これはiPhone 5よりも優れた結果だ。

 iPhone 5cを朝に完全充電した状態から使い始めると、バッテリ持続時間は丸1日近くに及んだ。これはスーパーバッテリとまでは言えないものの、使用には何の支障もないと言えるだろう。

iPhone 5c VS. 99ドルの競合製品

 通信キャリアと新たに契約を結ぶと99ドルで入手できる携帯電話のなかにも、優れたものは数多くある。Motorolaの「Droid Mini」やHTCの「HTC One mini」はその最右翼と言えるだろう。それぞれのスペックを比較した記事に目を通すと、iPhone 5cは2012年に発売されたiPhoneをベースにしているにもかかわらず健闘している。実際、このキャンディのような色の携帯は見た目こそ遊び心に満ちているものの、現在販売されているハイエンドのAndroid携帯と比べてみてもパフォーマンスという点で十分使いものになる。iPhone 5cはより高価な「HTC One」(199.99ドル)やサムスンの「GALAXY S4」(199.99ドル)、「Moto X」(199.99ドル)といった他社の旗艦製品とも十分に戦えるだけの処理能力を有しているのだ。

 スマートフォンで最高レベルのデジタル画像システム(少なくともiPhone 5sが登場するまで)を備えたiPhone 5cは、サムスンやHTC、Motorolaといった企業が製造しているAndroidの高性能携帯と肩を並べられる品質の写真や動画の撮影もできる。iPhone 5cが99ドルという低価格である点を考えると、比較はより興味深いものとなってくる。一番のライバルであるDroid Mini(Verizonとの契約で99.99ドル)とHTC One mini(AT&Tとの契約で99.99ドル)は、同じ価格でありながら数多くの妥協がなされている。例を挙げると、iPhone 5cにはiPhone 5sと同じRetinaディスプレイが搭載されている一方、HTC One miniとDroid Miniは、同じシリーズのフルサイズ製品と比較すると性能的に劣ったディスプレイが搭載されている。HTC One miniの売りであるアルミニウム製の高級なボディは少なくとも、iPhone 5cの上質なポリカーボネート製よりも優れているのはほぼ間違いないだろうが、Droid Miniの安っぽいプラスチック製のボディを好む人などいないはずだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]