logo

デザインを一新した「iOS 7」--新しい機能やアプリをレビュー(後編) - (page 2)

Jason Parker (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年09月25日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 便利なマルチタスキング機能はほかにもある。それはiOS 7が2つのアプリ間の切り替えを処理する方法だ。例えば筆者は何かの作業をしているときにアプリ間を行き来して、1つのアプリからもう1つのアプリにデータを貼り付けなければならないことがよくある。何らかのアプリを使用しているときにホームボタンを2回押すと、一時停止中のアプリのリストが表示される。そこから1回のタップで、使用したいアプリに切り替えることが可能だ。戻りたいときは再びホームボタンを2回押すと、自動的に前に使っていたアプリに戻る。これにより、2つのアプリ間での作業が今までよりはるかに容易になるだろう。

Appleの「Maps」アプリ

 Mapsアプリは最初にリリースされたときに激しい批判を浴びたが、提供開始時からは大幅な進歩を遂げ、今では地図情報や位置情報、ターンバイターンの道案内の精度が向上している。ユーザーの目に触れない部分の機能強化を除けばMapsアプリに新しい要素はあまりないが、今回のアップデートにより、ブックマークした場所をほかのデバイスと同期して簡単にアクセスできるようになった。

「iPhone 5s」のセキュリティ

 iOS 7の機能のうち、iPhone 5sでしか利用できないものが「Touch ID」である。Touch IDは、Appleの新しいiPhoneセキュリティシステムだ。強化されたホームボタンはスキャニングシステムを備えているので、iPhoneのロックを解除する際にパスコードを入力する手順が不要になり、ユーザーは指をホームボタンに置いて指紋スキャンを実行するだけでいい。Appleによると、この機能は「iTunes Store」でアプリや音楽を購入する際にも利用可能だという。複数の指紋(例えば家族の指紋など)を登録できるため、ユーザーは自分のiPhoneへのアクセスと利用を誰に許可するのかを明確に指定できる。

そのほかの追加機能や修正点

 最新の追加機能の大半は見た目に関するものだが、ここで言及しておく価値はある。「Voice Memos」の動作はこれまでとほぼ同じだが、録音するときに波形が表示されるようになった。また、下の方をスクロールすると過去の録音を聞ける。「Weather」アプリはアップデートされて「Yahoo Weather」によく似た見た目になっており(iOSの天気情報は米Yahooが提供している)、1つの画面上で複数の都市の天気情報を確認できるようになった。「Messages」アプリにも小規模だが便利な機能が新たに追加されており、左方向にスワイプするとすべてのメッセージのタイムスタンプを確認できるようになった。ユーザーがiPhoneを使用する方法を変えるほどではないが、日々の使用をより快適にするこうした細かな修正点が、iOS 7にはたくさん追加されている。

figure_1
Weatherアプリ(米Yahooが情報提供)では、各地域の天気によって背景が変わるようになった。
提供:Screenshot by Jason Parker/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]