X線観測で宇宙の秘密を解き明かす--「Chandra」衛星が撮影した写真の数々 - 4/9

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月17日 07時30分
 2000年7月から2012年にかけてChandraの視野内の複数の位置から撮影された「SN 1006」の画像では、白色矮星が爆発して宇宙に物質を放出したときにできた残骸領域を確認できる。この画像では、低エネルギー、中エネルギー、および高エネルギーX線がそれぞれ赤色、緑色、青色で示されている。
Scroll Right Scroll Left

 2000年7月から2012年にかけてChandraの視野内の複数の位置から撮影された「SN 1006」の画像では、白色矮星が爆発して宇宙に物質を放出したときにできた残骸領域を確認できる。この画像では、低エネルギー、中エネルギー、および高エネルギーX線がそれぞれ赤色、緑色、青色で示されている。

提供: ASA/CXC/Middlebury College/F.Winkler

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]