X線観測で宇宙の秘密を解き明かす--「Chandra」衛星が撮影した写真の数々 - 6/9

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月17日 07時30分
 この合成画像には、ケプラーの超新星(ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーが1604年に発見した有名な爆発)の残骸が写っている。Chandraが撮影した低エネルギー、中エネルギー、および高エネルギーX線がそれぞれ赤色、緑色、青色で示されている。一面の星は「Digitized Sky Survey」によってデジタル化されたものだ。
Scroll Right Scroll Left

 この合成画像には、ケプラーの超新星(ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーが1604年に発見した有名な爆発)の残骸が写っている。Chandraが撮影した低エネルギー、中エネルギー、および高エネルギーX線がそれぞれ赤色、緑色、青色で示されている。一面の星は「Digitized Sky Survey」によってデジタル化されたものだ。

提供: NASA/CXC/NCSU/M.Burkey et al and DSS

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]