logo

米陸軍戦車「Abrams」の生産ラインを見学--退役戦車を修理して再生

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オハイオ州リマ発--オハイオ州西部にあるこの町では35年前から、「Abrams」戦車がGeneral Dynamics Land Systems(GDLS)のJoint Systems Manufacturing Center工場の組立ラインで製造され、米陸軍(と少数の米国外の顧客)に引き渡されている。

 同工場は1996年、米陸軍のAbrams戦車向けの車台と砲塔の新規製造を終了し、まだ使用できる状態にある旧式の「M1A2」システムを修理して再生するという方法を選択した。

 米CNETのDaniel Terdiman記者はリマ工場を訪れ、GDLSがAbrams戦車を製造する工程を見学した。

 この写真では、生産工程を終えて米政府の国防契約管理局(Defense Contract Management Agency:DCMA)による検査を終えた戦車が並んでいる。紐で固定されてレールに乗せられ、輸送準備が整った戦車は、米陸軍が所有し、責任を負うことになる。

 オハイオ州リマ発--オハイオ州西部にあるこの町では35年前から、「Abrams」戦車がGeneral Dynamics Land Systems(GDLS)のJoint Systems Manufacturing Center工場の組立ラインで製造され、米陸軍(と少数の米国外の顧客)に引き渡されている。

 同工場は1996年、米陸軍のAbrams戦車向けの車台と砲塔の新規製造を終了し、まだ使用できる状態にある旧式の「M1A2」システムを修理して再生するという方法を選択した。

 米CNETのDaniel Terdiman記者はリマ工場を訪れ、GDLSがAbrams戦車を製造する工程を見学した。

 この写真では、生産工程を終えて米政府の国防契約管理局(Defense Contract Management Agency:DCMA)による検査を終えた戦車が並んでいる。紐で固定されてレールに乗せられ、輸送準備が整った戦車は、米陸軍が所有し、責任を負うことになる。

提供: Daniel Terdiman/CNET

-PR-企画特集