logo

地球最後の日に使われる飛行機--米軍の「国家空中作戦センター」(NAOC)の内側 - 6/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年07月26日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 機体上部にある盛り上がった部分は、搭乗者が超高周波数帯と「Milstar」システムを利用して通信することを可能にしている。米空軍はMilstarについて次のように説明している。「セキュアで妨害電波に強く、世界規模の通信が可能な米軍共同の衛星通信システムで、最優先の軍関係使用者が戦時に求める基本的要件を満たしている。複数の人工衛星によって、司令部と、船舶や潜水艦、航空機、地上の基地といった幅広いリソースとがつながっている」

 機体上部にある盛り上がった部分は、搭乗者が超高周波数帯と「Milstar」システムを利用して通信することを可能にしている。米空軍はMilstarについて次のように説明している。「セキュアで妨害電波に強く、世界規模の通信が可能な米軍共同の衛星通信システムで、最優先の軍関係使用者が戦時に求める基本的要件を満たしている。複数の人工衛星によって、司令部と、船舶や潜水艦、航空機、地上の基地といった幅広いリソースとがつながっている」

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]