logo

地球最後の日に使われる飛行機--米軍の「国家空中作戦センター」(NAOC)の内側 - 2/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年07月26日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米空軍には4機のNAOCがあるが、4機すべてが同時に飛行可能な状態になっていることはほとんどない。通常は少なくとも1機は整備中だ。ただし、この写真のように3機がそろっていることでさえどちらかといえば珍しい光景だ。

 手前のE-4Bは、この写真を撮影した時点では「警戒態勢」にある機体だった。これは、同機のクルーは1週間の警戒態勢にあり、非常事態が発生すれば数分以内に離陸できる準備をしているということだ。どの機体が警戒態勢にあるかはさまざまな要素によって決まるが、最も重要な要素はメンテナンスのスケジュールである。

 これらの航空機は、米国防長官の外国訪問時に使われることもある。

 米空軍には4機のNAOCがあるが、4機すべてが同時に飛行可能な状態になっていることはほとんどない。通常は少なくとも1機は整備中だ。ただし、この写真のように3機がそろっていることでさえどちらかといえば珍しい光景だ。

 手前のE-4Bは、この写真を撮影した時点では「警戒態勢」にある機体だった。これは、同機のクルーは1週間の警戒態勢にあり、非常事態が発生すれば数分以内に離陸できる準備をしているということだ。どの機体が警戒態勢にあるかはさまざまな要素によって決まるが、最も重要な要素はメンテナンスのスケジュールである。

 これらの航空機は、米国防長官の外国訪問時に使われることもある。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]