logo

地球最後の日に使われる飛行機--米軍の「国家空中作戦センター」(NAOC)の内側 - 16/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年07月26日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NAOCに搭載されている数多くの通信設備の中には、機体の後部に長く伸ばすことのできる超低周波数帯アンテナがある。このアンテナは必要に応じて最長5マイル(約8km)にできる。技術者はそのアンテナをこの席から監視し、また左側にある白い潜望鏡を通して、自分の目で見ることができる。アンテナは壊れやすく、悪天候や乱流で損傷したり破壊されたりする可能性があるので、機外にある時には技術者による監視が不可欠だ。

 NAOCに搭載されている数多くの通信設備の中には、機体の後部に長く伸ばすことのできる超低周波数帯アンテナがある。このアンテナは必要に応じて最長5マイル(約8km)にできる。技術者はそのアンテナをこの席から監視し、また左側にある白い潜望鏡を通して、自分の目で見ることができる。アンテナは壊れやすく、悪天候や乱流で損傷したり破壊されたりする可能性があるので、機外にある時には技術者による監視が不可欠だ。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]